AquaticSports BLUE_Balanceのツアーログ

大阪、北堀江のダイビングスクール&ショップ・ブルーバランスのツアーログ!

和歌山県・田辺

2008年11月15日(土)
ポイント:『南部出し』『ロングアーチ』
透明度:12m 水温:23.7℃

最近の最高気温の差が激しく、先週は12月中旬の寒さでしたが、今週は少し盛り返し、20℃を越える日もありましたが、週末に向けて天気は崩れ坂。
せっかくのダイビングなのにぃ〜と思っていたのだが、朝の天気予報でも本日は雨の予報だったのだが、最後のゲストをピックアップした時にAM8:00前の天気予報では、一転して晴れの予報に変わっていたそうだ。
現地に近づくに連れて、日差しが暖かくなって来ました。
皆さんの日頃の行いが良いのでしょうか?本日は絶好のダイビング日和となりました。

1本目は『南部出し』へエントリーします!
いつもの様にアンカー下の根から南側にある砂地へ行ってみました。
水深は意外と深いので長居は禁物で、ちょっと見て進路変更をしようとした時に枯れ葉に擬態したテンスの幼魚を発見!
テンスyg

一般的な魚の様には泳がずに、波に漂う様に進みます。
上手に囲むように見ないと、直ぐに何処かへ行ってしまいます。
写真に収めるのも一苦労で、写したとしても、小さくしか撮る事が出来ませんでした。

本根に帰ってきて、岩肌を見ていると尻尾が黄色いニラミギンポを発見。
ニラミギンポ

コイツは中層を泳ぐ事は少なくて、岩肌をすべるように移動します。
そして、近づいて行くと適当な穴を見つけて、お尻からバックして穴に隠れます。
隠れると言ってもスッポリと隠れるのではなく、穴から頭だけを出してくれるので、逆にその方が写真が撮りやすいのだ。
実物を見ても真っ黒な頭にしか見えませんが、フラッシュを焚いて写した写真で見ると、頭には幾つ物ラインが確認出来ます。

その横にはスリバチカイメンがあり、そのカイメンの周りには小さなハゼが数種類の数匹確認できました。
小さすぎて種類は特定できませんがスケロクウミタケハゼとオキナワベニハゼの幼魚が確認できました。
スケロクウミタケハゼ

そろそろ、コイツのシーズンがやってきましたね。
今回はコイボウミウシとタマゴイロイボウミウシをカメラに収めました。
コイボウミウシ

ダイビングしていると当たり前の様に見るのだが、高級魚として有名なアカハタは目に特徴が有って、結構お気に入りの魚です。
アカハタ

水底にじっとしている事も多く、写真に撮りやすいって事も好きな要因ではあります。

本根の周りを廻っているとキンメモドキの群れに遭遇しました。
群れを見ると突っ込んで行きたい衝動に駆られますが、今回は、、、やっぱり我慢できずに突っ込んでいきました。
キンメモドキ

すると、キンメモドキをエサとしているハナミノカサゴが姿を現し、俺を撮ってくれと言わんばかりに、カメラの前5cm程の所まで近寄って来ました。
ハナミノカサゴ


日本の固有種であるレンテンヤッコはいつ見ても色鮮やかで、個体によってグラデーションが異なり、毎度カメラに収めたいと思っているのだが、ヤッコと名の付く種類はなかなか近寄らせてくれません。
レンテンヤッコ


それとは対照的にゴンベは種類によっては、かなり近づく事が出来ますね〜。
ミナミゴンベ

ハワイにはダイバーの手に乗ってくる種類も居るらしいのだが、ミナミゴンベはそこまでのフランクさは無いようだ。

本根に群れている魚は、形に特徴のあるツマグロハタンポも居ます。
ツマグロハタンポ

現地の民宿で食用として頂いた事があるのだが、調理法を確認していなかったので、調理に奥さまは一苦労してしまった。
結局、煮付けで食べたのだが、多分カラッと揚げて食べるのがベストかなと思いました。

浮上の準備の為にアンカー下へ向かいました。
アンカー下のガンガゼが居る所には、コイツも定番な生物であるハシナガウバウオがガンガゼの棘を隠れ蓑にしていました。
ハシナガウバウオ


2本目はロングアーチへ潜ります!
ここでの見所は、フリソデエビなのだ!
現地ガイドのガッキーさんが先に見ていますとの事で、エントリーしてみんなが水底に集まった所で、ガッキーの泡を捜しに移動開始!

我々が到着すると、熱心に写真を撮っていて、我々の存在に全く気が付きません。
前に廻り、ようやく我々に気付いてくれて、フリソデエビを見せてくれました。

フリソデエビを見ると成る程〜、岩に拳大くらいの穴が空いており、その奥にフリソデエビが居ました。
フリソデエビ

カメラを構えるも、非常に撮り辛く被写体を画面いっぱいに撮るのは至難の業だった。

そこから、少し遠くへ移動しなくてはならない所にタツノオトシゴが居るとの事で、皆にちゃんと着いて来るよう注意を促して、そこまで移動を開始しました。

小さな個体でしたが、直ぐに見つけることが出来ました。
しかし、身体を起こさずに布団に顔をつづめる様に寝てしまって、撮影するのに、これまた一苦労だった。
少し悪いと思いながらも、尻尾を絡ませているイソバナを揺らし、起きた時のタイミングを取って写真を撮りました。 う〜ん、ピントが合いませんねぇ〜。
タツノオトシゴ


アーチを抜けながら再び移動を開始すると、水面付近にイサキの群れを発見!
イサキ

本日の透明度は今一つだったが、水底か水面に向けて写真を撮ると、透明度が良く写ります。

最後にキリンミノを岩の割れ目で発見!カメラを構えて近づいて行くと、ドンドン割れ目の奥へと逃げ込んでしまったのが残念でした。
キリンミノ

しかし、図鑑によって“キリンミノ”と表記してあったり“キリンミノカサゴ”と表記してあったりと、どちらが正解なのでしょうかね?

本日は一日中、晴天に恵まれ、風もなく波も無く、本当にノンビリとしたダイビング日和でした。

和歌山県・串本

2008年10月13日(祝・月)
ポイント:『サービス前ビーチ』『グラスワールド』
透明度:10〜20m 水温:24℃

昨日もチョウチョウウオやスズメダイの幼魚を数種類見たのですが、講習生の皆さんは見ていないとの事で、今回はじっくりと見ることが出来たのでしょうか?
エントリー口に集中しており、ロクセンスズメダイ・オヤビッチャ・トゲチョウコウウオ・フウライチョウチョウウオなどの幼魚を確認しました。
講習生の皆さんはチョウチョウウオは分かったみたいですが、他の魚は、全く区別が付かなかった模様です。
チョウチョウウオ

本日も潜降には非常に苦労している様子で、なかなかスムーズには行きません。
まぁ〜、最初はこんなもんでしょうな。

潜降さえ出来れば、水中でも落ち着いたもんで、スキルもスムーズに終えて行きます。

サンゴ付近には様々な生物が見られるのですが、ブダイとニセカンランハギのペアリングには少し違和感を覚えてしまった。
ブダイ&ニセカンランハギ

初めて見たときに、必ず目を引くツノダシも数匹確認する事が出来ました。
ツノダシ

そして、今後、ここの主になるであろうクマノミのペアがイソギンチャクに近づくものに威嚇を繰り返しておりました。
クマノミ

今回のクマノミのペアは何年位、我々を楽しませてくれるのだろうか?

一通り、講習を終えてエキジットポイントへ向かう途中で、中層をキラキラと横切るキビナゴの群れ。
キビナゴ

群れを見ると、突進したくなるのは私だけではあるまい。

で、ビーチでのダイビングに別れを告げて、2本目はボートダイビングをする事にしました。

初のボートダイビングで、少々緊張気味ですが、本日は波も流れも無く、非常に恵まれた海況なので、リラックスしてダイビングを楽しみましょう。

ボート上は混雑していましたが、船が揺れないので他のダイバーがエントリーした後にゆっくりと準備が出来ました。

一旦、水面のアンカーロープに集合して、しっかりとロープを掴んでゆっくりと潜降して行きます。
初ボート

今回アンラッキーだったのは、グラスワールドの深いほうのアンカーだったので、潜降に思いのほか時間を費やした。

アンカー下でいきなり、OWDリミットの約18mで、浅いビーチとは違い、大胆に浮力調節が出来るので、思いのほか水底では安定しています。
ただ、ユカさんは前後のバランスが難しそうで、時折、しりもちをつきそうなるのであった。

ビーチでも居たカゴカキダイですが、単体での行動だったので、視界には入っていなかった様ですが、今回は群れで居たので、いやおう無しに見ることが出来ました。
カゴカキダイ

最終のスキルとしてコンパスナビゲーションを行ないます。
タダシ君は初めてとは思えないほど、正確に真直ぐ目的の方角に進みましたが、ユカさんは斜めにコンパスを持つ傾向にあり、少々斜めの方向へと進んでしまった。
今後も、しっかりと使い方を完璧に熟知して、間違った方向へ行かない様にしましょう!

最後にジョーフィッシュを見て、エキジットすることにしました。
ジョーフィッシュ

OWダイバー!認定おめでとうございます!!
これからも、ドンドン潜りに行って、スキルを高めましょうね!

和歌山県・串本

2008年10月12日(日)
ポイント:『サービス前ビーチ』×2
透明度:10m以上 水温:24℃

今回はOWの講習で串本までやって参りました!
今週末はほんまに、天気に恵まれ、しかも透明度も抜群で、講習にもってこいのダイビング日和です。

器材のセッティングを済ませ、いよいよエントリーだ!
フィンなどを装着しやすい、潮溜まりがあるのだが、勿論他のダイバーも利用するので、通常は濁っていて当たり前なのだが、今回に限っては、ここの透明度が良くて、準備がし易いのだ。

この時期は年季では珍しい熱帯魚の幼魚が沢山見られるので、非常に楽しみなのだ!

体験ダイビングの経験も有るのでストレス自体は少ないのだが、自力でのダイビングは始めで、潜降に苦労します。
仕方なく、ウエイトを足して何とか潜降が出来て、水底に落ち着くと、多少は余裕も出てきました。
初ダイブ

私も、そうでしたが、初めて見るソラスズメダイは伊豆や日本海でも見られるとは想像し難いほど、
色鮮やかで『熱帯魚だ!』と叫びたくなるほど、感動します。
ソラスズメダイ

スキルを進めても余裕でこなして行き、順調そのもので講習を終えて行きます。
こんなに透明度も良ければ、ストレスも少ないだろうと思っていたのだが、タダシ君のマスクは強烈に曇っていたので『今日は凄く濁っている』と思っていたそうな。 鼻から息を出さないようにすると、もっとましなんだけどねぇ〜。

沖の洞の所を覗くといつもの面々である、カサゴ、ゴンズイ、キタマクラ、オトヒメエビ等が見られ、暫く時間を潰すのに丁度良いのだ。
カサゴオトヒメエビキタマクラ

エキジットポイントを目指して進んでいると、長細い身体が特徴のアオヤガラが数匹見られたのだが、銀色の体色は、海に溶け込んでいたので、講習生には見えなかったようです。
アオヤガラ

そんなこんな、初日の講習は無事終了し、温泉へと向かうのでした。

京都府・冠島

2008年10月5日(日)
ポイント:『トドグリ』『鳥居前』
透明度:20m以上 水温:24℃

以前からリクエスト頂いていた冠島ですが、今回、やっとの思い出潜りに行く事が出来ました。
現地までの時間が読めなかったので、皆さんにはかなり早朝に集合していただき、いざ!出発!!

思ったよりも、現地に早く到着して、ゆっくりと準備に取り掛かります。

冠島へ向け約一時間の船旅へ出港だ!
いざ!冠島

1本目のポイントは『トドグリ』と言うポイントで、流れも波も無く、今回は初心者ばかりだったので非常にエントリーがし易かったです。

エントリーをしてアンカー下の水深が浅かったので、アンカー下集合で、潜降して行くと、皆さんだけでなく、ポイント全体が見渡せる程の透明度で、非常にテンションが上がります。
凄い透明度

船の下にはスズメダイの群れが幾つも見られ、ドロップオフになってる所まで行くと、さぞかし大物の群れが見られるだろうと、胸躍らせながら進みます。
ゴンズイ

水底にゴンズイの群れが見られ、何故か日本海側では多数見られるキンチャクダイの幼魚。
成魚とは全然違う模様に、ゲストも驚きなのだ。 それにしても凄く可愛いので、お気に入りの生物です。
キンチャクダイyg

そして、南紀方面ではほぼ無視してしまいがちな、アオウミウシも本日に限っては貴重な被写体なのだ。
アオウミウシ

中層の群れに気をつけながらも、水底に目をやると、岩が一瞬で白っぽくなり、近づくと岩の割れ目の奥へと隠れるマダコだった。
マダコ


ドロップオフになっている地形の所で、暫くの間回遊魚を待っていたのだが、今回は残念ながら、廻って来る事が無かった。

透明度が良いという事もあり、全然まとまりの無いチームなので、早めにボートの下へ帰る事にして、ボート下でエアがなくなるまで、存分に遊んでもらう事にしました。

岩肌にはフジツボの殻が沢山ついており、中を覗くとイソギンポが隠れている事が多くて、時間つぶしには丁度良い被写体なのだ。
イソギンポイソギンポ

そして、そんなイソギンポを撮っていると、その脇の岩肌をチョロチョロと動く小さな魚。
ダイビングを始めると分かるんだけど、魚=泳ぐと言う定義は当てはまらない。
岩肌にへばりついて泳がずに動き回る魚はヘビギンポだった。
ヘビギンポ

そろそろ上がろうかと言う時に黒い岩肌に目立つ白い物体!名の如くシロウミウシだった。
シロウミウシ

黒い斑点模様が付いているので、シロウミウシとは少々納得できませんが、とりあえず写真に撮ってみました。

2本目まで休憩は洋上で行なわなければならないのだが、揺れる船の上で昼食を食べるのも、慣れた人でないとダメで、お弁当が食べられない人はスノーケリング等をして時間を潰さなければならないのだ。


きっちりと暖を取る事も出来ないまま、2本目へ突入なのだ。

結局、風が出てきたので、休憩していた場所からのエントリーなのだ!

ボート下は5m程の浅瀬で、そこから沖に向かってひたすら泳ぎ捲くらなければならないので、しっかりと付いてきてねとお願いをしてからエントリーを開始しました。

本来の目的のポイントでなかったので、魚影はそれ程でもないのですが、透明度は先程と同じくらいはキープ出来ています。

茶色い海草に紛れて、アナハゼがじっとしています。
本人は隠れているつもりなので、近づいてもあまり逃げるような事は無く、写真に納めやすい魚なのだ。
アナハゼ

浅瀬のポイントと言う事で、日本海ならではの、可愛いハゼである、チャガラの大群が我々を楽しませてくれます。
チャガラ

ただ、間近には近づく事が難しいので、群れを遠くから撮るといった感じで、ピントが合っているのかどうかは、分からないのだ。

ひたすら、沖に向かって泳ぐと、小さなアジの群れが見え始め、水深20m付近ではヒラマサ2匹の影が見えた。
進むのをやめて、暫く浅い方を眺めていたのだが、待てど暮らせど、ヒラマサはそれ以降姿を現すことが無く、回遊魚の群れに囲まれる夢を諦めました。

ボート付近へ帰ろうと進み始めたのだが、誰も全く付いて来ない。
仕方が無いので見えている範囲で、皆が来るのを待って、海草と同じ体色をしたオハグロベラやコブダイの幼魚を眺めていた。
オハグロベラ

水底の小さなゴロタの隙間に長細意魚を発見!
見た感じの印象は、決して良くないのだが、よく見られるベニツケギンポとは模様が明らかに違った。
後ほど図鑑で調べると、ダイナンギンポって名前だった。
これは、みんなに教えてあげようと思ったのだが、全然来る気配が無く、さっきまで大人しく動かずに居たダイナンギンポだが、岩陰に隠れてしまった。
ダイナンギンポ

ボートの見えるところまで帰ってきたところで、サラサエビを探します。
日本海側のサラサエビって好奇心旺盛なので、手を差し伸べてじっとしていると必ず手に乗ってクリーニングを始めます。
と言う事で、先に私がエビを乗せている所を見せて、客さんにもチャレンジさせて見ます。
水中で身体を動かさないようにするのは、以外と難しく、エビはなかなか乗ってきてくれませんでしたが、暫く我慢でまっていると、1匹のエビがクリーニングを始めてくれました。

それにしても、冠島のダイビングは本当に楽しいですねぇ〜!
今季は出港の予測が難しいので、来年、是非、回遊魚のリベンジをやりたいです!

和歌山・串本

2008年9月21日(日)
ポイント:『グラスワールド』『備前』
透明度:3〜7m 水温:27℃

今回は日本海の冠島へ行く予定をしておりましたが、台風の余波のお陰でボートが出港せず。
急遽、行き先を串本へ変更しての開催となりました。

1本目は“グラスワールド”へ潜ります。
風が無いので、水面は非常に穏やかで、流れ・うねりも全く無い状態だった。
唯一心配なのは透明度でしたが、案の定、かなり濁っていました。

まずは、東の根に向かい、ピグミーシードラゴンを探しに行ったが、残念ながら見つける事が出来なかった。
私がそれを探している間はゲストの皆さんが騒がしくなっており、見に行くとオオモンカエルアンコウが居ました。
オオモンカエルアンコウ

ほかにも、根の上の方ではキンギョハナダイ等が沢山群れています。
アンカー方面へ帰る途中で、これまたゲスト発見のウミウサギガイ。
ウミウサギガイ

最初見たときは、黒い個体に何者なのかと、分からないと思うが、貝殻を覆っている身の部分を捲ると、真っ白に輝く貝殻が姿を現すと、大抵の人達は驚きと共に、大いに喜ぶのだった。

アンカーから更に西側に居るジョーフィッシュを目指していたのだが、ゲストの一人が、全くコチラを見る様子も無く、一つの場所から動かない。
もう少し透明度が良ければ、ある程度の距離を開けることも可能なのだが、今回は少し離れただけでも見えなくなるので、非常に危険だ。

エアも残り少なくなってきた所で浮上開始しました。
船に上がると、陸上の透視度も10m未満になるほどのガリラ豪雨だった。

2本目は“備前”へ潜りました。
相変わらずの透明度で気分が少々萎えてしまいます。
現在のダイビングの現状として、殆どの方がカメラを持ってダイビングするので、以前の様に沢山の生物を見せなくとも各々で何かを見つけては撮るみたいなスタイルになってしまって、チームとしてのまとまりが薄い。
目的の生物を見るために移動を伴う場合は、最初に移動をしないと着いて来なくなります。

少し離れた所に、あるスポットがあったのですが、今回はやめていた方が良さそうだ。

アンカー真横に高くそりたった岩があるのだが、今回はアンカーからその姿は確認出来ません。
とりあえず、その岩の周りを廻る事にしました。

大きなホウライヒメジが中層で気持ち良さそうにホーバリングしていて、近づくとホンソメワケベラにクリーニングしてもらっていました。
ホウライヒメジ

かなり近づいても逃げないので、皆で周りを囲むように写真を撮っていると、流石に居心地が悪くなったのか、移動を開始しました。

更に根を廻っていると何処からともなく、これまた大きな黄色のヘラヤガラが我々の目の前に舞い降りてきた。 通常、あまり動かずにじっとしている事が多いのに珍しいヤツだ。
ヘラヤガラ

根の周りには常連であるブダイが一生懸命に岩をかじり、この時期になりかなり大きな個体が確認出来るようになったタキゲンロクダイが確認出来ました。
ブダイタキゲンロクダイ

岩の中腹付近に小さなウツボを発見した。
その容姿からウツボとは直ぐに分かったのだが、名前が分かりません。
目がピエロみたいで特徴があり、昨年柏島で見たゴールデンイールモレイにも見えるが、体色が全然違います。
ヒメウツボ

後々調べてみるとヒメウツボだと分かった。 珍しい個体に出会えて良かったよ!

エアもそろそろ心配になって来たので、水深を上げなら生物を観察します。

俺って、コイツが好きなのかな? 今回も撮ってしまったハナキンチャクフグ。
ハナキンチャクフグ

意外と鮮やかな色をしていると思うんですけど。。

岩のトップで減圧を兼ねながら、サラサゴンベや色鮮やかなユカタハタ等を写真に収めてエキジットしました。
サラサゴンベユカタハタ

 | HOME |  »

Appendix

ブルーバランス

ブルーバランス

大阪、北堀江のダイビングスクール&ショップ・アクアティックスポーツ ブルーバランスです!
ツアーログをアップして参ります!お楽しみにねぇ〜!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly



-天気予報コム-

Categories

Calendar

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries