AquaticSports BLUE_Balanceのツアーログ

大阪、北堀江のダイビングスクール&ショップ・ブルーバランスのツアーログ!

和歌山・串本

2008年2月11日(月)
ポイント:『備前』『イスズミ礁』『グラスワールド』
透明度:20m 水温:17.5℃

本日は、朝から気合が入ります!
なぜなら、本日は3ダイブする予定だからさ!

1本目は『備前』へ潜る事にします。
ここでも引き続きAOWの講習を行なうことに致します。

ポイントについて船の上から水底の白い砂地がなんとなく確認出来ます。
これは本日も透明度に期待が持てますね〜。
エントリーして水深18m下にあるアンカーがしっかりと確認できるほどの透明度で視界がほんまに広いです。


砂地の奥にアザハタの根があるとの事ですが、ディープポイントを移動するのはY口さんにとって少し無理があるかな、と思いアンカー横の大きな根の周りでダイビングすることにしました。

根の脇にはムレハタタエダイが群れて、非常に綺麗でした。 そして、まばらではありますがキンギョハナダイも群れて、今回の透明度であればそんな風景を眺めているだけでも楽しいです。
根をほぼ一週廻ろうかとした時にサービススタッフがオーバーアクションで指差すので、そちらの方へ行ってみると子供のウミガメが岩ノ下で休憩していました。


串本でもポイントによっては高確率で見られますが、備前では前例がなく非常に珍しいです。
しかも、南紀のウミガメは警戒心が強く発見した時に着底しているヤツでも逃げるパターンなんですが、今回の子は非常におとなしく鎮座して、じっくりと観察が出来ました。
浮上するためにアンカーロープへ向かうとそこにはツバメウオが居ついており、安全停止の時間も楽しくさせてくれるのでした。


2本目のイスズミ礁はアーチが有名なポイントで岩礁には数種類のベラが見られ、新しい発見も多いポイントでもあります。
まずは、ドライスーツの講習を行ない、アーチまで泳いだ。



アーチの入り口でゾウゲイロウミウシを教えてもらってアーチを抜けて岩礁に沿って移動中にヒオドシユビウミウシを教えてもらって、ひざぐらいの高さの岩のくり貫かれた穴にはフリソデエビ! 今回はなかなかレア物づくしでラッキーなのだ。

 
そして、いよいよ3本目に突入なのだ!
ほぼ貸切の船上じは悠々自適に過ごす事が出来てラッキーなのです。
そして、とっても盛り沢山なグラスワールドへ潜ることとなります。
潜降して、まずはアンカー近くのジョーフィッシュ3兄弟の所へ見に行きましたが、今回はご機嫌斜めなのか奥に引っ込んだまま顔を見せてくれませんでした。
暫く粘るもラチあかないので、岩礁の黄色のジョーを見に行くことにします。
すると、手前のナガレハナサンゴの所に居たオラウータンクラブを教えてもらいました。 コイツも南紀から伊豆でも普通に見られているのでそろそろ和名を付けてやったら良いのにと思います。

そして、黄色のジョーはご機嫌で愛嬌を振りまいてくれました。

そして、超が付くほどのレア物でヒオドシベラの幼魚がここには居ます。
教えてもらうまでは、全く気付くことはなかったでしょうか? 非常に小さな小さな個体で無闇に近寄ることも出来ません。

発見された時は、今以上に小さかったとの事で、当たり前のことですが、最初に見つけた人は凄いと思います。
そして、岩礁の淵近くのカイメンに黄色のオオモンカエルアンコウがへばりついていました。

そして、最後は小さな小さなヤドカリであるカンザシヤドカリを見てエキジットしました。

今回は海況にも天候にも、そして、生物達にも恵まれたダイビングでした。

帰り道の途中で温泉に浸かり、冷えた体を温めホッカホッカになったのは良いのだが、高速道路がいまだかつて無いほどの渋滞25kmとの表示がありました。

和歌山・串本

2008年2月10日(日)
ポイント:『サービス前ビーチ』
透明度:15m 水温:16.5℃

西日本を代表するダイビングスポットである串本へも何だか久し振りに訪れた感じだ。

冬の期間はどうしても海から気持ちが離れ気味なので、何処へ潜りに行っても空いていて、尚且つ透明度もある程度保証されているので、私自身は冬のダイビングは好きですね〜。

今回参加のY口さんも久し振りのダイビングと言う事で初日の本日はビーチでダイビングの感を取り戻して頂きましょう!
ただ、心配なのはサービス前ビーチは水深が取りづらいので、しっかりと潜降が出来るのか心配である。



1本目はただ単にリフレッシュでファンダイビングを楽しみました。
エントリーして最初にその透明度に感動です。 浅いポイントで光が入り、ほんまに綺麗です。
串本の内湾ポイントはこの時期には様々な幼魚が観察できて、本当に面白いですね〜。
スミツキトノサマダイはいつも見られますが、今回はアケボノチョウチョウウオの幼魚も見る事が出来ました。
この時期で水温が16℃以上のキープが出来ていると言う事は、今まで越冬が難しかった熱帯魚も越せるのではないでしょうか?


潜水時間もほぼ1時間と長い時間楽しむ事が出来ました。


お昼の休憩の後に2本目も同じくビーチへ潜ることにしました。
AOWのナビゲーションの講習を行ないます。
ダイビング前に陸上でコンパスの使い方をみっちり特訓の後にエントリーを行ないます。

障害物の少ないエリアに到着し、早速コンパスナビゲーションを開始します。
しかし、今回は本当に本当に透明度が良すぎて、何だかずっとスタート地点が見えているような錯覚に陥りますね〜。
そんな恵まれた環境の中であっと言う間に講習も終え、ファンダイビングを楽しました。

今の時期にはウミウシが沢山確認できるので、ウミウシファンやカメラ初心者に適した環境でしょうな〜。

そして、本日のダイビングのスケジュールも終え、温泉に浸かりに行き、夕飯はお寿司食べるのでした。
流石に串本のお寿司屋さんだけあって、どれも非常に美味しかったですね〜。

 | HOME | 

Appendix

ブルーバランス

ブルーバランス

大阪、北堀江のダイビングスクール&ショップ・アクアティックスポーツ ブルーバランスです!
ツアーログをアップして参ります!お楽しみにねぇ〜!

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly



-天気予報コム-

Categories

Calendar

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Recent Entries