AquaticSports BLUE_Balanceのツアーログ

大阪、北堀江のダイビングスクール&ショップ・ブルーバランスのツアーログ!

和歌山・白浜

2008年8月24日(日)
ポイント:『沈船』『エドセ』
透明度:5〜10m 水温:26〜28.4℃

いや〜本当に久し振りの白浜だぜ!
週末は天気が崩れ、風が少々吹くとの事で、海況が少し心配だったのですが、白浜へ到着してみたら、思ったほど悪くは無い。
ただ、ダイバーの数の多さに少しビックリしました。

1本目は白浜の名物ポイントである沈船へ潜る事となりました。
ここの沈船は2代目で1代目は台風で船体が半分に折られ、次の台風で影も形の無くなってしまったのだ。
2代目の方が船体はデカいのだが、今回の沈船も台風で、元あった場所から50m程移動しているのだ。
台風のエネルギーって本当に凄いですねぇ〜。

潜り始めると直ぐに船体の全容が確認できました。
凄く良い漁礁と化しているので、クロホシイシモチやらアマジなど沢山の魚が群れております。
マアジ

そして、肉食であるハナミノカサゴも定番で、大小、沢山確認できます。
ハナミノカサゴ

砂地に降りて共生ハゼで人気のネジリンボウが居るとの情報があったので探しに行きました。
しかし、このポイントには沢山のダイバーが潜っており、居たとしても既に巣穴に隠れている可能性が高いなぁ〜と思い、砂地に身体を伏せながら進みました。
大きなダテハゼのペアが居て、その少し奥にネジリンボウを発見!
通常、警戒心の強い種類なのだが、多くのダイバーに囲まれているせいか、身体全体を巣穴から出し、その全貌を晒していた。
近づくのも、割と簡単で通常の個体であれば既に隠れてしまっているような距離でも隠れる様子は無かった。
ネジリンボウ

他のグループがやって来たので、その場から離れる事にして、沈船へと戻って来ました。

船の下にはコロダイやオオモンハタなどの、少し大きな個体の魚が動かずにホバーリングしていました。
コロダイオオモンハタ

甲板の上にも沢山の生物が居ましたが、いつも2匹仲良く並んでいるアカエソの姿も確認出来ました。
アカエソ

茶色っぽいクロホシイシモチなどの群れの中で、黄色い魚は目立ちますな〜。
沖縄では群れで見られ、人懐っこいヨスジフエダイや見たまんまのキイロハギが他の魚の群れに紛れていました。
ヨスジフエダイキロハギ

錆びた甲板に同化していて、直ぐには分からなかったオニカサゴが大きなあくびをしていましたが、決定的瞬間を撮る事が出来ませんでした。
オニカサゴ

そして、サンゴの天敵で大量発生して、所によると、水中にコイツを捨てる為の籠が設置されていると言う、オニヒトデが甲板に空いた四角い穴にへばり付いていました。
オニヒトデ

サンゴが好物である事は知っているのだが、他に何を食べるのか詳細は知らないので、こんな所に生息して、こいつは何のメリットがあるのでしょうか?

そろそろエキジット準備に取りかかろうとして、上を見上げるとカンパチの群れが大きく円を描いて廻っている様子が見られた。
カンパチ

時折、クロホシイシモチやマダイの群れにアタックしている様子も観察できます。

久し振りの沈船は、非常に楽しかったですね〜。

2本目は私自身も始めて潜る“エドセ”である。
大雑把な生物情報しか無いので、じっくりゆっくりと潜ってみますか!

ここの特徴は大きなアーチがあるとの事で、ポイントについて船頭さんが『アーチは丁度、船の横』と教えてくれるもんだから、アンカー沿いに潜降して、水底から船の位置を確認し、船の下まで移動し、アーチを探すも、絶対におかしい。
事前にポイントマップにはアーチの水深は16m程で、今居る水深は20m越え!

とりあえず、南北へ伸びる大きな瀬が特徴のポイントなので、瀬に戻ってアーチを探した。

瀬に帰って来ると幾つも、大きなくぼみがあり、アーチかな?と思って近づくと、壁ばかりで全然見つかりません。
カゴカキダイが群れている所があったので、ここかな?と思ったが、そこにもありません。
カゴカキダイ

一定の水深をキープしつつ移動を開始し、岩肌に着いているムチカラマツを見ると大きめのガラスハゼのペアが確認出来ました。
ガラスハゼ

大きめと言っても、せいぜい4cm程しかりませんが、この種類の中では大きく写真にも撮り易かったです。

岩の小さなくぼみにガンガゼが隠れており、そのガンガゼの棘の中に身を潜めているノコギリヨウジを発見。
完璧な隠れ蓑だな〜と思った。
ノコギリヨウジ

別のムチカラマツを見てみると、大きなイボイソバナガニが着いていました。
イボイソバナガニ

コイツもかなり大きな個体で普段から殆ど動かないので、体表に藻が沢山付いていました。
悪いと思いながら、カニの表面の藻を取り除くと、そのグロテスクな全容を表しました。
黄色いムチカラマツに着いているので、茶色の藻が付いているよりは目立たなくなって良いのでは無いでしょうか?(自己弁護)

進んでいた方向とは全く逆の方向へと進路を切り替え、とりあえずアンカーの位置を確認してみると、最初あった場所から少しずれた所でアンカーを発見。
アンカーの掛かり具合を確認して、廻りを見渡すと、アーチはそこにありました。
アーチ

初めて見るアーチは想像よりも大きくて、迫力があって面白そうでした。
今回は、アーチでじっくりと遊ぶ事が出来なかったので、次回は是非、じっくりと楽しみたいと思います。

和歌山・串本

2008年8月17日(日)
ポイント:『グラスワールド』『備前』
透明度:8〜15m 水温:20〜28.4℃

串本へ来る時には海沿いの国道を走ります。
すると海は道路へ届きそうなほどの水しぶきを上げて、串本へ到着した頃には車はうっすらと白くなっています。
沿岸は車が痛むのが早いって事が頷けますね。
帰ったら、洗車だ!なって思っていて、夜になると涼しくなる串本が、かなり蒸し暑い!
我慢できずにクーラーを掛けていると、パラパラと外から雨音し始めました。
暫くすると雨音は激しくなり、窓を開けているとマイナスイオンを浴びる事が出来るのとちゃうか?と思うくらいの豪雨で、気温は一気に下がり、非常に過ごしやすくなりました。

翌朝、車を見ると洗車したかのように綺麗になっておりました。

本日1本目はウミガメ狙いで“グラスワールド”へ行きます。

深いところは寒いって事は覚悟していましたが、6m辺りでサーモクラインが発生しており、昨日の田辺よりも冷たいよ〜!
でも、安心!ウミガメの居る所はアンカーからは遠いのだが、かなり浅い所なので、一直線で向かいます。

ウミガメ・ポイントは透明度も申し分無く、サンゴも非常に綺麗で、そこに居るだけで満足なのだ。
サンゴ

かなり放浪しましたが、今回は残念ながらウミガメに遭遇する事は出来ませんでした。
しかし、そこから離れると寒いのでサンゴの上で暫く遊ぶ事にしました。

この時期は南方系の幼魚が結構みられ、今回もツノハタタテダイを見ることが出来ました。
ツノハタタテダイyg

チョウチョウウオも群れで見られ、水面を見上げるとカンパチが数匹廻っておりました。

アンカー下のボートへ帰ってきて、根のトップのサンゴにメガネゴンベを発見!
メガネゴンベ

慎重に近づかないと直ぐにサンゴの下へ隠れてしまうぞ!

そして、意を決して、水底のピグミーシードラゴンを探しに行きました。
何しろ糸くずみたいな個体なので、探すのにも一苦労でしたが、何とか見つけることが出来ました。
ピグミーシードラゴン

本日最後のダイビングは“備前”です。
備前はディープなポイントなので、どうしようかと思いましたが、今回は流石に浅い方のアンカーを使う事になりました。

通常の行動範囲は寒くて、無理そうなので、未知の海域へ踏み込む事にしました。

アンカーから南へ進むと、水底には大きなアオブダイを発見! 更に進むと大きな根にぶち当たりました。
アオブダイ

根の周りには数種類の魚が群れていて、水面を見るとダツが水面ギリギリを浮遊しており、初めて来ましたが、結構面白い所じゃん!と思いました。

とりあえず、根の周りを回る事にして、根に沿うように進んでいると、オレンジのカエルアンコウを発見!
カエルアンコウ

割れ目を覗くと黒地も黄色のラインのヌノサラシを発見! 何だか久し振りの対面だな。
ヌノサラシ

同じ所を何度もグルグル廻っているニセカンランハギの群れの下には、同じ方向を見てじっと動かずにホバーリングしているホウライヒメジの群れが対照的で面白いね。
ニセカンランハギホウライヒメジ

成魚になると、大体ペアで行動する事が多い、チョウチョウウオの仲間であるハタタテダイが違う種類のツノダシとペアになっておりました。
ツノダシ&ハタタテダイ

ツノダシは一種一属なので、ハタタテダイとの混血は無理だろうけど、容姿が似ているから、まぁ〜エエかと思って一緒に居るのか、別種とは解らずに一緒に居るのかは、私には分かりません。

アンカーへ帰って来ると、ほかのダイバーがある所で群れていたので、近づいてみると、可愛い・可愛いミナミハコフグの幼魚を囲んでいました。
ミナミハコフグyg

結構、大きな個体で比較的、写真に撮り易かったです。

和歌山・田辺

2008年8月16日(土)
ポイント:『南部出しsp』『中島』
透明度:5〜8m 水温:22〜28.4℃

紀伊半島沖にあった熱帯低気圧が台風へと変化し海況へ多大な影響を及ぼす恐れが出てきました。
朝出発時に現地へ確認したら大丈夫との事で、一路田辺へ向かって車を走らせました。

海が見えた時に海況を見ると、沖のほうは至って穏やかだったのですが、沿岸部は非常に波が高くうねっているのが手に撮るように分かりました。

1本目は“南部出しsp”という、私も始めてのポイントへと潜る事となりました。
アンカーを落としている根から北北西へと進路をとれば、砂地が広がっており、そこはハゼ天国になっているとの事で、そこでハゼ探しをする予定だ!

エントリーして中層を漂っている分にはうねりを感じる事は無いと言うか、水底が見えないほど濁っているので分からないだけの話で、実際にはうねっています。
アンカー下へ潜降をして行くのだが、帰りたくなる程の冷たさだ!

寒さを堪えて、砂地を目指したのだが、案の定、うねりまくりで、ハゼなんて探せるレベルではなかった。

ゲストに寒くないかと尋ねると、寒いと言うので、浅い所で遊ぶ事にしました。

イソギンチャクにはクマノミが着いているのですが、近づくとクマノミが威嚇をしに出てくるはずが、今回は出てきません。
その様子を見て、今以上にうねりがひどくなるのか心配になりました。

それでは、と言う事でイソギンチャクへ近づいてみると、オシャレカクレエビが住み着いておりました。
オシャレカクレエビ

ぽこっと盛り上がった岩に大きなスリバチカイメンが着いており、その中を覗くと、タキゲンロクダイの幼魚がうねりから逃れるように潜んでいました。
タキゲンロクダイyg

穴の開いたキクメイシサンゴにシャコが住みついており、警戒しながら我々の様子を伺っていました。
シャコ

うねりも、酷く透明度も悪いので、これと言った生物が見つけられずに、久し振りにイソカサゴを案内してしまった。
イソカサゴ

コイツがカスリフサカサゴだったら、どんなに嬉しい事か。。。


うねり収まらない間に、2本目は“中島”で遊ぶ事となりました。

先程のポイントよりは透明度が良いのだが、相変わらずのうねりでした。

此処のポイントの定番はカエルアンコウ2匹で、2グループだけなら争わずに写真を撮る事が出来ます。
カエルアンコウカエルアンコウ

溝に沿って水深を下げて行くと、サーモクラインが出ており、冷たい潮に突入!
メチャクチャ冷たい!
ソフトコーラルの布団に包まれるように、ウツボが動かずにこちらを警戒しております。
ウツボ

水深が変わる毎に、水温が下がり、溝を覗いて生物を物色していて振り返ると、寒さに震えるゲストの姿。

急遽、浅い方へと進路を変えて、燈台周りで自由に遊びました。

黒い個体のハナミノカサゴの幼魚を発見! 非常に綺麗な魚ですね〜。
ハナミノカサゴ

ノコギリダイでもシマキンチャクフグでもないよ! お腹辺りのオレンジラインが特徴のハナキンチャクフグなのだ!
ハナキンチャクフグ

そして、此処を縄張りにしているイシガキダイと、新顔のメイチダイが仲良く、コンクリートの表面を一生懸命に突付いております。
イシガキダイメイチダイ

灯台下は浅いので、見上げると、少々濁っていても、キンギョハナダイが彩りを添えて、非常に綺麗な写真が撮れます。
燈台

ボート下で、安全停止をしていると、タカベの群れがやって来て、私の真正面から突っ込んできました。
タカベ

群れに囲まれると幸せな感覚になりますね〜。

和歌山・田辺

2008年8月9日(土)
ポイント:『中島』『南部出し』
透明度:10〜15m 水温:26.4℃

本日も晴天なり! 移動は車なので暑さも気にならないのですが、一歩外へ出ると、一瞬で汗が吹き出てきます。
本日もダイビング日和だ!

1本目は『ショウガセ』希望だったが、潮流が激しくて、先に出たボートは諦めて、違うポイントへ潜ったそうだ。
と言う事で、1本目は『中島』へ潜る事となりました。
透明度はそこそこ良かったんですが、水面の浮遊物が結構な速度で流れています。

アンカー近くにカエルアンコウが2匹も見つかっている様で、カエルアンコウのところにダイバーが集中しております。
カエルアンコウ

1匹は動かずにじっと我慢しておりましたが、もう1匹は落ち着きが無く、チョットずつ移動をしています。

カエルアンコウから少し離れ、大きな溝を覗いているとキンチャクダイが数匹泳いでいます。
キンチャクダイ

初心者はキンチャクダイとタテジマキンチャクダイの見分けが難しいのか、良く間違えていますね〜。

溝に沿って水深が深くなる方へと移動を開始し、潮流に向かって泳いでいるので丁度良かったのですが、気が付くと潮流に押されるように進み始めました。
流れが真逆になってしまったので、それ以上先へは進まずに、引き換えした。

南紀でも当たり前に見られる感が高まってきたサザナミフグを発見! 人懐っこい様に近づいてきたかと思えば、すーっと我々から離れて行くのでした。
サザナミフグ

岩の割れ目の隙間を覗けば、ミナミハコフグygを発見! いつ見ても可愛いヤツなのだが、ちょろちょろ動きまくって、写真に撮れません。
今回は、ピンボケしか撮る事が出来ずに残念(>_<)!
ミナミハコフグyg

いつもの面々であるトゲチョウチョウウオもまだ幼魚で、特徴のトゲが無く、黒い斑点も残ったままなのだ。
トゲチョウイチョウウオ


岩肌に着いた藻に擬態したオニカサゴもミニサイズで、お子ちゃまなのに、髭面が妙でアンバランスなのが逆に可愛いと思わせるのでした。
オニカサゴ

先程は、2匹目のカエルアンコウにダイバーが取り囲んでいたので、写真の収める事が出来なかったので、空いている今がシャッターチャンスだ!
しかし、先程見た位置には、姿も無く、結構な距離を移動しておりました。
イロカエルアンコウ

珍しくエスカを前に伸ばし、疑似餌をフリフリ振っていたので、エサを誘っているのかと思い、決定的瞬間が見られるかと考えましたが、我々が近くに居たのでは無理な話だ。

浮上開始しようと更にアンカーへ近づいて行くと小さなイシガキダイが岩肌を、必死に突付いている様子が見られました。
イシガキダイ

その横には、いつもみんなに無視されがちなクロホシフエダイ。
クロホシフエダイ

その近くにカイメンと同じ色をしたサツマカサゴを見ながら安全停止をしました。
サツマカサゴ

しかし、結構な流れで、初心者はロープが無ければ安全停止が出来ないだろうな〜。


2本目は『南部出し』へ潜る事にしました。
目指すは砂地のネジリンボウとホタテツノハゼだ!
アンカーの根から南側に永遠と広がる砂地を徘徊の旅へ出ます。

ハナハゼとダテハゼとテッポウエビの三者共生を至る所で確認できますが、肝心のネジリンボウが見つかりません!
砂地に這いつくばって目を凝らし、探して見つけたと思ったら、横から人影が!! ショック!穴に隠れてしまいました。
ホタテツノハゼも居る詳細な場所は解らないので、見つけるのは難しい事だろう。
似ているのでオニハゼを撮ってみました。
オニハゼ

NDLが非常に危ないので、砂地に別れを告げて、本根へ帰る事にしました。
帰る途中でテンスの幼魚と遭遇! 枯れ葉に擬態しているつもりなら、もっとゆっくりと泳いでくれ〜!
テンスyg

本日も透明度は良く、ハタンポの群れを下から煽って撮ると、まるで沖縄の海の様な綺麗な写真が撮れました。
ハタンポの群れ

安全停止がてらに根のトップで時間つぶしを行ないます。

ゴンベの種類が豊富で、オキゴンベ・ミナミゴンベ他、沢山の種類を確認する事が出来ました。
オキゴンベ
ミナミゴンベ

しかし、浅くなれば成る程、潮流が激しさを増し、初心者ダイバーにとっては、少し恐怖だったようです。

和歌山・串本

2008年7月27日(日)
ポイント:『グラスワールド』『備前』『住崎』
透明度:10〜15m 水温:28.4℃

大阪市内の夜は、不快指数が最高潮に達しておりますが、大阪よりも南に位置している筈の串本の方が、夜は涼しいです。
カーテン全開で寝てしまっていたので、直射日光の熱と眩しさで起きてしまいました。

さぁ〜!気合いを入れて潜りまっせ〜!
1本目は『備前』に行く予定だったのですが、他の船が付いていた為『グラスワールド』へ変更を余儀なくされました。

台風の影響が若干出ていましたが、透明度には影響が無く、凄く広い範囲が見渡せました。

先ずは、いつものジョーフィッシュが居る所へ移動し、探します。
すると、居ましたよ!当たり前か。 かなりダイバー馴れしているので身体の大部分を見せるほど、穴から出てきます。
ジョーフィッシュ

再びアンカー下へ戻ってきて、アンカー近くの大きな根の周りを廻って見ました。
すると、“エビス”という縁起の良い名前を持つ魚の仲間である事は解っているのだが、名前が解らない個体を発見。
後ほど、図鑑で確認してみると“スミツキカノコ”という種類で、私も初見だった。
スミツキカノコ

生息地を見てみると、本来ギリギリ南紀にはいない種類なので初見も納得なのだ。

東へ移動を開始して、複雑な形をした岩が点在している所を移動し、時折、岩の割れ目を覗いて見ると、ガンガゼとそれに住み着いているガンガゼエビを発見!
ガンガゼエビ

小さな個体だったので、カメラに収めるのは、一苦労で、実際にカメラの小さな液晶では、ちゃんと映っているのかは解りませんでした。

それを、撮るのに必死になっていると、背後に威圧を感じたので、振り返ると“メガネハギ”だった。
メガネハギ

きっと、近くに卵があるんでしょう。 ここが、沖縄でゴマモンガラだったら確実に、襲われている所だが、気の弱いメガネハギなので、直接突付いて来る事は無かった。

その近くには、ミノカサゴがおり、このミノカサゴは南紀ではなかなか見られる事の無いレア者で、ハナミノカサゴは当たり前の様に居ますが、こいつは見ることが出来てプチラッキーな生物なのだ。
ミノカサゴ

そろそろ、エキジットをしようと安全停止をしていると、他のグループが岩のした辺りで、片間って何かを見ているので、何事かと観に行くと“ピグミーシードラゴン”だった。


2本目はやっと『備前』へ潜る事が出来た。
しかし、通常使用しているアンカーではなく、浅い方のアンカーだったので、目的地への移動距離は長い。

通称“アザハタの根”と言う所を目指しましたが、本日は3ダイブの予定なので、無理が出来ずに、目前で諦めました。

今は、幼魚が沢山の種類が見られますが、今回もタテジマキンチャクダイの幼魚を見ることが出来ました。
タジマキンチャクダイyg

少し大きなミツボシクロスズメダイが、特定の場所から離れずに、メスを誘っている様子でした。
案の定、メスがやって来て、岩肌に卵を産み付けて、オスが精子を掛けています。
ミツボシクロスズメダイの卵は、肉眼では確認できないが少し残念です。
ミツボシクロスズメダイ

NDLが気になるところで、早々にエキジットしました。


今回のツアーの最終ダイブです。 あっという間にラストダイブで悲しいです。

最後は『住崎』へダイブだ!
エントリーをして、先に行ったグループがクマドリカエルアンコウを見つけていて、群がっていたので、皆さんが去るのを少し待って、近づいて見ました。
白地に赤い模様のクマドリで非常にキュートだったので、結構な時間眺めてしまいました。
クマドリカエルアンコウ

立て続けに3本目ともなると、NDLが厳しく、深い方への移動はやめました。

カゴカキの根の周りでも十分過ぎるほど楽しいので、じっくりと回る事にしました。

此処の定番であるイタチウオも沢山見られ、ウナギイヌみたいで愛嬌のある容姿をしており、全然動かないヤツなので、被写体としては非常に優れています。
イタチウオ

そして、コイツもここの定番生物なのですが、微妙に幼魚の時の筋模様が残っているサザナミヤッコをライトで追いかけながらカメラに収めます。
サザナミヤッコ

そんな事をしていると、NDLが残り1分程になりましたので、アンカーの方面を目指す事にしました。

向かう途中で大きな個体の影が! シルエットが特徴あるのでアオブダイと直ぐに分かりました。

アンカー付近の岩のオーバーハングになっている所では、キリンミノが居ました。
キリンミノ

そのキリンミノを撮影していると、視界の片隅でキラキラ光る魚の大群が入ってきた。

そちらに視線を移すと、キビナゴの群れで、ただならぬ様子だった。
それは、大物の魚から逃げる時の特徴で群れが素早くジグザグに移動しています。
キビナゴ

案の定、後方からカンパチの数匹の群れがやって、時折、キビナゴの群れに突っ込んで行きます!
カンパチ

目の前に繰り広げられる、弱肉強食、食物連鎖の光景に圧倒されながら、暫くぼーっと眺めていました。

ほんまに、今年は例年稀に見る当たり年だと思う位に、海況が安定していますね〜。
また、次回もお楽しみにぃ〜!

«  | HOME |  »

Appendix

ブルーバランス

ブルーバランス

大阪、北堀江のダイビングスクール&ショップ・アクアティックスポーツ ブルーバランスです!
ツアーログをアップして参ります!お楽しみにねぇ〜!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly



-天気予報コム-

Categories

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries